忍者ブログ
体臭・口臭・気になる腋臭など、管理人が克服するまでを追った日記である。なーんちゃって。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

毛穴の汚れ落しってみんなはどうしてる。
参考になるかもしれないので、書いとくね。

-------------------------------------

1.予洗い
洗顔前にまず予洗いを行います。予洗いとは34~36度の適温で洗い流せる皮脂は事前に流しておき、より洗顔の効果を高めようとする準備です。34度以上の温度で皮脂が溶け始めますのでお肌に負担をかけず最大の効果が引き出せます。反対に温度が高すぎると余分な皮脂とともに必要な皮脂までも洗い流してしまいますので乾燥肌になる危険性があります。注意してください。

2.蒸気、蒸しタオル、発汗等で毛穴を開く
蒸しタオル等で10分程度でも皮脂を浮き上がらせることで洗顔の効果が格段にアップします。毛穴の汚れが特にひどい方はお試しください。

3.洗顔
非常に重要な洗顔です。洗顔用の石鹸を使いとにかく良く泡立てます。網などの泡だて器を活用して充分に泡立て、泡を肌に押し当てる、もしくは押し付けるようにして直接皮膚を擦ることなく汚れを洗浄します。汚れが落ちないからと言って手で肌にゴシゴシと擦るように洗う方がいますが、肌(皮膚)を傷つけてしまいますので逆効果です。洗剤泡の洗浄力で充分に汚れは落ちると言う事を再認識することは非常に重要です。鼻の頭や小鼻などは皮脂分泌量も多いため汚れも落としにくいと思われます。そんな時は手の腹、指の腹で泡を強めに押し当て、円を描くようにマッサージすると汚れは落ちやすくなります。肌を傷つけないように気長に継続する事が重要です。

4.すすぎ
意外に見落としがちなのが洗顔後の「すすぎ」です。洗顔を充分に行ってもすすぎが不十分で汚れが少しでも残ってれば残留した汚れをもとにさらに汚れや皮脂の固まりが拡大し毛穴の角栓へと変化していくのです。理想は時間にして5分、回数は30回というところですが、実は100回ほどやるべきとも言われます。そのくらい重要だということを再認識してください。ここで注意したいのは、早く皮脂や汚れを落とそうとするあまりに高温のお湯を使用することです。高温のお湯で洗顔しすぎると乾燥肌を誘発します。その点ご注意ください。引用:毛穴の汚れ落とし

---- ここまでね ---------------

参考になればぁ~

PR


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(03/26)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
(03/26)